子供には複数の選択肢を

期待が過度なものにならない様

一緒に目標に向かった進むことは子供の成長にも良いことですが幼いころから親が一つの事だけに集中して育てるのは
考え物ですね。
子供の才能を決めつけることはできません。
勿論強い意志で、環境も整えスパルタで教育しておかげで有名なスポーツ選手になった人の話も聞きますが実際そのような人は一握りです。
一つの道しか与えなかったら、もし将来その子が思ったように進めなかったとき子供は迷子になってしまいますね。
生きる目標は一つではないし、子供の可能性は計り知れないものがあるのです。
子供が好きなことと得意なこともまた違います。
幼少期には順調に進むことよりむしろ挫折を経験することが大切かも知れません。
過度な期待でその大事な瞬間をマイナスにしてしまうのも親なのです。

信頼関係を作ることが一番大切

育てながら子供の適性を見つけることは実際には大変難しいことです。
まずは沢山会話をして一緒に遊びましょう。
接する時間をできるだけ多く作り親子の信頼関係を築いていき互いに理解をしていきましょう。
その中でやはりより優れた人に、或いは人より何かとびぬけた才能を持ってほしいと望む親もいるのでしょう。
しかし、一番大切な事は、人と共感が持て、他人とともに生きていく能力なのかも知れません。
共感能力は、もともと持っているものでもあり、ともに育てていくべきものですね。
幼児教育の中で親が特に母親が幼いころから読み聞かせをすることの大切さが注目されています。
自分と二人の係わりの時間はなるべく沢山の本をまず字を覚えさせる前に根気よく楽しく読んであげましょう。
その中から自分の知らない世界に興味を持ち想像力を高め、人の心のわかる大人になって欲しいものです。


この記事をシェアする