子供と一緒に成長する

現実の成果をみる

子供は性格によって相応しい習い事があると言います。
それを参考に習い事を選ぶでしょうか。
その子が何が好きで、何が得意かは親が分析した性格からは測れないものかもしれません。
かといってあれこれ習わせてその中から決めると言うのも経済的にも大変ですし、すぐやめることが出来ると言う習慣をつけてしまう結果になるかも知れませんね。
実際に習い事がきっかけでを生業にしている人の意見などからまずは指導者を選ぶこと、そしてそこで習っている人たちのレベルを検証することが選び方では一番重要と言います。
簡単に言うと優れた先生と生徒がいる場所を選べという事です。
実践的に何かをマスターさせたいときには非常に有効と思われます。
技術があっても指導者として優れているとは言えません。
そこで実際体験している子供から判断するという事は賢い判断です。

子供が何に興味を持っているか

幼少期の子供は色々なことが不思議で沢山興味を待ちます。
色々聞いてくることも多いでしょう。
一番それに対応できるのは親、そして母親であると言われています。
子供が聞いてきたことに即答できなかったら、一緒に調べて教えてあげましょう。
親子ともども知らなかったことを発見できるでしょう。
不思議だなと思うきっかけは日常だけでは足りません。
そこで読書が重要になってきます。
幼いころから本を読み聞かせすることは親にもできる幼児教育です。
沢山の本をよんであげると子供の何故?が膨らんできます。
その想像力に答えてあげるのです。
どの親にもできる教育の大きなチャンスなのです。
幼児教育と親との関係こそが最も深い素因であり将来につながる重要な要因なのです。


この記事をシェアする